このサイトは借金返済に関するサイトでLINK FREEです。

借金返済タイトル
 

特定調停

借金返済不能に陥る可能性がある場合に申し立てを行うことができ、原則として債務者(借金返済人)本人又は弁護士や司法書士に代理人になってもらい、簡易裁判所に行って安い費用で簡単に申し込むことができます。
利息制限法によって借金返済額を計算して、3年〜5年間(原則3年間)で借金を返済します。

特定調停のメリット

他の債務整理に比べ、比較的短期間で終わり、本人の代わりに調停委員が交渉をしてくれるのです。
それに申立をしたら取立が止まり、利息制限法による計算を行って借金の返済総額や月々の返済額も少なくなります。
調停成立後は借金の返済の利息を免除してくれる場合もあり、管轄地が違う債権者の場合でも一括して申立することができるのです。
借金の理由が何であっても利用することができ、強制執行を停止できます。
それに一部の借金だけでも整理することができるのです。

 

特定調停のデメリット

借金の返済を3年〜5年程度で借金返済ができない場合は解決することが難しく、取引年数が少ない場合、法定利息に直して計算しても借金返済の減額が見込めない場合があります。
将来一定の収入が見込めない場合は調停が厳しく、借金の返済を怠ると強制執行されます。 それにブラックリストに載ってしまい、数年間はクレジットカードなど作成することができません。

 
 

任意整理

裁判所を利用しないで弁護士や司法書士に委任し、依頼者の代わりに直接債権者と話し合いをして債務整理(借金の返済)することをいいます。
利息制限法で債務(借金の返済額)を計算し直して借金の減額や利息の一部カット、借金の返済方法などを決めて和解を求めていく手続のことです。
弁護士に介入してもらった時点から債権者から直接取り立てを行うことはなくなり、特定調停との違いは裁判所を利用するかしないかです。

 

任意整理のメリット

一部の借金だけを整理することもでき、専門家などに依頼した場合は各債権者からの取立てが止まります。
借金の返済を減額したり、払い過ぎていたお金などを取り戻せる場合もあり、業者との話し合いで手続きが進むので近隣に知られることがありません。
それに官報に載ることがなく、各種の資格制限がない為、市町村役場の破産者名簿にも載りません。
裁判所を利用しないので呼び出しなどの時間的な拘束は少ないといえるでしょう。

 

任意整理のデメリット

ブラックリストに載ってしまい、数年間、新たな借金やクレジットカードを作成できません。

 
 

日掛け

従業員五人以下の零細企業の経営者などを対象とした、毎日直接集金することなどを条件に年利54.75%の超高金利での融資を認められてる金融商品で、主婦やサラリーマンなどは対象外で認められていません。