このサイトは借金返済に関するサイトでLINK FREEです。

借金返済タイトル
 

証券化ローン


住宅金融公庫による直接融資制度は2006年度末に廃止され、それに代わる長期固定金利型住宅ローン(借金)として住宅金融公庫が住宅ローン債権(借金)を買い取り、証券化して投資家に販売するという仕組みで2003年10月1日にスタートしたのです。
最大5000万円までの大型融資ができ、保証料や繰上返済手数料無料というメリットもあります。

 
 

公正証書

公証役場において公証人の立会いの下で作成される契約書や和解調書で、裁判所の判決と同様の実行力、拘束力を持ち、作成された文書の一部は公証人役場に保管されます。

 
 

個人再生(個人版民事再生)

民事再生法を個人が利用し易くした制度で裁判所に認められた再生計画に基づいて一定の借金返済を免除してもらう方法です。
その方法の一つとして小規模個人再生手続があり、小規模な債務(借金)を負う個人債務者が対象となる手続きです。
次に給与所得者などの再生手続があり、給与所得者などが対象となっており、最後に宅資金貸付債権に関する特則があり、借金の返済を遅滞した住宅ローン債務者が対象となります。
この制度によって借金返済ができなく、自己破産しかない場合でも個人再生の利用によって、解決できることが多くなりました。

 

個人再生のメリット

住宅ローンの特則を利用することによってマイホームを手放さなてく済むことがあり、債務総額(借金返済額)を圧縮することができるのです。
それに免責不許可事由がなく、職業制限や資格制限がないので簡単に手続きができ、手続が開始されれば債権者は強制執行できなくなるのです。
また、専門家などに依頼した場合、厳しい取り立てがなくなります。

 

個人再生のデメリット

借金の返済で個人再生を行うとブラックリストに載ってしまい、官報に掲載されるのです。 それに条件として一定の制限があり、手続が複雑で時間が掛かります。
それに一部の借金だけ整理することができなく、再生計画の返済と並行して住宅ローンの借金返済もする必要があるのです。
最長支払年数が決まっており、場合によっては毎月の借金返済額が大きくなってしまうこともあります。
再生計画案どおりに借金返済ができなかった場合は再生計画の取消しになる可能性があり、数年間は新たな借金やクレジットカードを作成できなくなります。

注目サイト

2017/1/25 更新

 

コンテンツ

 

借金返済

過払い金返還請求

強制執行

証券化ローン

ブラックリスト

債務不存在

小規模個人再生手続き

特定調停

法定金利

無担保ローン

大車輪