このサイトは借金返済に関するサイトでLINK FREEです。

借金返済タイトル
 

債務不存在

債務不存在とは利息制限法に基づいて借金を計算したときに元本(借金)すべて返済している状態のことをいいます。
消費者金融や商工ローンなどの金利が高い金融機関で7年からそれ以上の借金返済を続けていると利息制限法で計算したときに、債務不存在になっている可能性があります。
その場合、業者に債務不存在であることを訴えるか、弁護士介入や特定調停、裁判などによって主張すれば、債務(借金返済)の不存在を業者に認めされることが可能です。

 
 

差押

差押とは債務返済(借金返済)が滞っている債権者から強制的に回収するための法的手続きのひとつで、借金返済の差押の対象になるものとして、不動産、預金、家財、給与などがあり、生活に最低限必要と判断される家財や給与などについては、借金の返済における差押の対象とはなりません。

 
 

自己破産

債務整理の最終手段として、生活必需品などを除く全財産を換金して借金返済にあてる代わりに残こりの借金返済については責任を免除(免責)してもらう手続のことです。
ただし、借金の返済ができなく、破産した原因がギャンブルなどの浪費の場合は免責されない場合があるので気をつけましょう。

 

自己破産のメリット

借金返済が免除され、各債権者からの取立てが止まり、戸籍や住民票に載ることはなく、選挙権はなくなりません。
借金の返済が滞って自己破産したからといって、会社を解雇されることはないので日常生活に必要な家財道具や生活必需品を手放す必要もありません。子供の就職や結婚などに不利にはならない。

 

自己破産のデメリット

免責を受けるまでの間は一定の職業(生命・損害保険募集員,警備員,建設業者,風俗営業者,弁護士,司法書士,遺言執行人,代理人,後見人,保佐人,会社取締役・監査役など)につけなくなり、ブラックリストに載ります。
官報に掲載され、数年間は新たな借金やクレジットカードを作成することができません。一度自己破産をして免責を受けると10年間は再び免責を受けることができません。

 
 

実質年率

借金の返済の利息以外全ての手数料や印紙代などの支払い合計額を年率で換算したものをいいます。

 
 

出資法

出資法とは出資の受入れや預り金、金利などの取締りに関する法律で貸金業者の上限金利などについても定めている法律です。
貸金業者の上限金利を定める法律には利息制限法と出資法年率があります。
原則として利息制限法が適用され、みなし弁済という利息制限法の例外規定を満たすと出資法の上限金利を適用することができるのです。
この出資法の上限金利を超えた利息を取ると法律的に罰せられることになっています。

 

コンテンツ

 

借金返済

過払い金返還請求

強制執行

証券化ローン

ブラックリスト

債務不存在

小規模個人再生手続き

特定調停

法定金利

無担保ローン

大車輪