このサイトは借金返済に関するサイトでLINK FREEです。

借金返済タイトル
 

無担保ローン

無担保ローンとは担保なしで貸し付けられるローン(借金)のことで、債権者に債務の保証(担保)として自分の財産(土地や建物など)を提供する必要がないローンのことです。
一般的に有担保ローンと比較してみると無担保ローンの方が金利は高く、融資限度額は小さくて最長返済期間は短くなっているのです。

 
 

免責

免責は一定の責任や義務を免れることで、自己破産手続きの後に残った債務(借金返済)すべて免除され、免責決定を得るには「誠実な債務者」であることが必要です。
免責決定を得るのに問題となるのは生年月日を偽ったり、他人の名義で借り入れをするなど詐欺的な行為を行っている場合や借り入れたお金をギャンブルなどで浪費に使用していたり、返済不能状態になってから特定の債権者にだけ借金を返済していたり、しかし、こういった場合でも「問題となる事情を裁判所に自分から正直に申告した」場合には、その点の誠実さを裁量によって免責決定になることは可能です。

 
 

リスケジュール

債務(借金)の返済が苦しくなったときに現状と今後の見通しから、借金の返済可能なスケジュールを考え、毎月の借金返済額を減らす方向で債権者と話し合いをするのです。
借金返済のリスケジュールは資金繰りにまったく余裕がなくなってからリスケジュールを交渉しても手遅れになるので、余裕があるうちに早めに手を打つことが一番重要だと思います。

 
 

借金の利息計算方法

1年間の借金返済の利息の計算方法は元金×金利を計算した額が1年の利息額になり、1日の借金の利息を求めるには元金×金利/365の計算した結果が1日の利息額になります。 日数分の利息の計算方法として、1日の利息×日数をすると、その日数分の利息額が計算できるのです。
元金充当額の計算方法として、借金返済した金額から利息充当額をひいた結果が元金充当額になります。
借金返済の残高の計算方法として元金−元金充当額の結果、借金の残高が分かります。 元金は元の借りた金額で、金利(年利)は利息、借りたお金に対してかかる年間の利息額を割合で表したものなのです。
例えば)元金10万円を借金し、金利20%で1ヶ月(30日)借りたときの計算方法は、10万円×0.2×30日/365=1643円掛かるということになり、10万円借金した場合、金利が29.2%で1ヶ月(30日)借りたときは、10万円×0.292×30日/365=2400円になるのです。
金利の少しの差で一ヶ月の内に結構な借金返済額に差があるので借金するときは金利などに注意しながら借金返済をしましょう。

 
 

利息制限法

利息制限法とは貸金業者の金利を制限する法律で上限利率が定められており、この制限を越えた利息の支払いは「無効」という規定であり、10万円未満は20%以下、10万円以上100万円未満は18%以下、100万円以上は15%以下となっているのです。
しかし、利息制限法に違反しても罰則はなく、消費者金融のほとんどはこの利息制限法の上限金利は守っていないのが多いので気をつけましょう。

 
 

リボ払い

毎月の借金返済額を予め決めておく形で返済する方式の分割払いで、途中でカードの利用残高が増えてもリボ払いなら毎月の支払い額は一定となるのです。

 

リボ払いのメリット

通常の分割払いより金利手数料が安い場合もあるが、主に分割回数6回程度以上の場合、カードの種類や金利、利用店舗によって異なります。

 

リボ払いのデメリット

買い物が増えれば、支払い回数が増え、その分金利も大きくなって借金の返済がいつ終わるか分からないという点があります。

Valuable information

Apple
https://www.apple.com/jp/

Last update:2015/2/5

 

コンテンツ

 

借金返済

過払い金返還請求

強制執行

証券化ローン

ブラックリスト

債務不存在

小規模個人再生手続き

特定調停

法定金利

無担保ローン

大車輪