このサイトは借金返済に関するサイトでLINK FREEです。

借金返済タイトル
 

法定金利

法定金利とは金銭消費貸借契約において、法律で定めた上限金利のことで、10万円未満だと20%以下で、10万円以上100万円未満だと18%以下、100万円以上だと15%以下となっているのです。
一定の条件が満たされている場合は出資法が適用され、上限金利は29.2%が適用されるのです。
しかし、利息制限法には罰則規定がないので消費者金融や商工ローン業者の多くは一定の条件を満たさないまま、利息制限法を越えた金利を返済させられているのが現状です。

 
 

保証人

借金を約束通り返済されなかった場合、主債務者(借金している本人)が借金の返済を行わないときにその借金の肩代わりする義務を負う人を保証人と言います。
一般的に連帯保証人の意味で使われるのですが、保証人と連帯保証人は違います。

 
 

連帯保証人

借金した人とほとんど同じ責任を負い、借金した本人の返済が滞った場合だけでなく、借金返済が滞らない場合でも借金した本人と同じ立場で借金返済を迫られることもあるのです。
連帯保証人には催告や検索の抗弁権がなく、分別の利益も認められないので「先に債務者(借金返済者)に請求しろ」とか「先に債務者(借金返済者)の財産を差し押さろ」などと言うことが通用しません。
つまり、債権者は債務者(借金返済者)に請求しないで、先に連帯保証人に借金返済の請求することもできるので、連帯保証人は保証人よりも責任は重いです。

 
 

保証料

信用保証会社に保証を委託した場合に必要となる費用で、一般的に保証料は借入金(借金)が多い、又は借入期間が長いほど高くなります。
借入時(借金)に一括して返済する方法(外枠方式)と金利に保証料分を上乗せした形で返済する方法(内枠方式)のどちらかを選べる場合もあります。
債務(借金返済)が滞った場合は保証会社が金融機関に債務(借金)を一括返済するのですが、その後は保証会社宛ての債務(借金)が残ることになるので債務を免れるわけではありません。

 
 

みなし返済

貸金業登録業者との契約に基づいて、債務者が借金返済の利息として任意に返済した額が利息制限法を超える場合でも、一定の書類を債務者に交付していれば、有効な利息の支払いと定めており、これをみなし弁済規定と言うそうです。
但し、貸金業者がみなし弁済を認めてもらうにはたくさんの要件があり、その要件に対して適当に行うのではなく、ちゃん行わないといけないのです。

 
 

Last update:2017/4/3

 

コンテンツ

 

借金返済

過払い金返還請求

強制執行

証券化ローン

ブラックリスト

債務不存在

小規模個人再生手続き

特定調停

法定金利

無担保ローン

大車輪