このサイトは借金返済に関するサイトでLINK FREEです。

借金返済タイトル
 

過払い金返還請求

借金返済の利息制限法により計算し直したろきに元金を減らす事ができ、長期間借金の返済しているときに借金を返済し過ぎている事があり、そういった過払い金を返還請求することができるのです。過払い金返還サイトでチェックしてみましょう。

 
 

元金均等返済

元金均等返済とは元金(借金)を毎月均等に分割して返済する方法で、借金した元金を返済回数で均等に割った金額に毎月の利息(元金(借金)の残高×月利)をプラスしたものが1ヵ月の返済金額となる支払い方法です。
返済する元金(借金)は毎月一定ですが、利息が元金の合計に対して掛かるので、返済回数が進んで、元金が減るにつれ毎月の利息は少なくなるため、毎月の返済額は月を追うごとに小さくなっていく方法です。

 

元金均等返済のメリット

支払い回数や借金の返済金額の合計が少ない

 

元金均等返済のデメリット

毎月の借金の返済額が多い

 
 

元利均等返済

元利均等返済とは毎回の借金返済額(元金+利息)が全期間通じて同じ額になるように返済する方法です。
住宅ローンを始め、高額ローンの返済方法として広く採られている方式で、毎月の返済額が変わらないので、計画的な返済が可能になる。
しかし、借金の返済が始まった当初は利息の占める割合が高く、借金の返済が進むにつれて利息分が減って元金の割合が高くなるので、元金(借金)の減り方が遅いのが特徴です。

 

元利均等返済のメリット

借金の返済計画が立てやすく、家計にやさしい

 

元利均等返済のデメリット

支払い回数が多くて元金(借金)の減りが遅く、借金返済当初は元金が少なく、利息の割合が大きい、元金均等返済に比べ、借金の返済総額が多い。

 
 

給与差押

給与差押とは借金の返済が滞った時に債権者が取る強制執行として給与を差し押さえること。
給与から税金や社会保険料を差し引いた額が44万円以下なら4分の1を、44万円以上だと33万円を越えた額が差押の対象となります。
しかし、この基準は債務者の生活状況によって、ある程度柔軟に変更することも可能で、個人再生手続きによって回避する方法もあります。

 
 

給与所得者再生手続

給与所得者再生手続きとはサラリーマン向けの個人再生手続きの一種で、住宅ローンを含まない借金の債務総額が3000万円以下であること、債務を圧縮すれば給与などによって借金の債務返済を行いながら生活を立て直せる見通しがあることなどが条件で、債務額を5分の1(下限100万円、上限300万円)に圧縮することが認められるという制度であります。
ただし、可処分所得の最低2年分以下にはならないことが条件となります。
給与所得者等個人再生手続きは意見聴取が行われるのみで、債権者の決議は不要とされております。

pickup

2017/2/15 更新

 

コンテンツ

 

借金返済

過払い金返還請求

強制執行

証券化ローン

ブラックリスト

債務不存在

小規模個人再生手続き

特定調停

法定金利

無担保ローン

大車輪