このサイトは借金返済に関するサイトでLINK FREEです。

借金返済タイトル
 

大車輪

大車輪とは新規のノーローンという商品を利用した一週間以内に完済すれば無利息で、回数に制限がないという特約を利用した借金返済方法であります。
まず最初に借金して、その借金した額を他社から借金して返済します。
そうすると一週間以内だったら利息が付かないので翌日に他社の借金をして、借金を返済するといった形で無限に繰り返すことを言います。
例えば、最初A社に50万借金していた場合にノーローンで借入して50万をA社に返済します。
ノーローンから借入した50万は一週間無利息になり、八日目からは利息が発生するので、7日目にA社から50万を借入し、ノーローン返済して、翌日ノーローンより再び借入してA社に返済を繰り返します。
ノーローンで借りている七日間は全く利息が掛からないので、7日目のノーローンへの返済の為にA社からの借入だけの一日分利息を支払えば良いということになります。
8日間で1日分の利息のみを支払えば済むことになり、利息を8分の1に圧縮することができるのです。
また、複数のノーローン会社を利用して、お金を借り、上記のような、7日目に借金返済して、翌日借り入れるっていう方法を使えば、利息を払わないで済むのです。

大車輪の注意

大車輪を行うと毎週借金の返済をしないといけないので忙しく、借金返済を間違えると多重債務になる可能性があります。

 

質問

1週間以内に返済するってどういう意味ですか?

借入日の翌日から数えて一週間以内なら無利息期間なので一週間以内に借金を返済すれば利息がつきません。
例えば、月曜日に借りて、次の週の月曜日までに借金したお金を返済すれば利息が付かなくて済むので借金した元金だけ返済すれば良いのです。

 

例えば月曜日に借りたお金をその週の金曜日に返済して、また翌週の月曜日にお金を借りて、その週の金曜日に返済ということを繰り返しても良いのでしょうか?

月曜日にお金を借りた場合、翌週の月曜日までに借金を返済すれば無利息になるので、上記のような借金返済方法は大丈夫です。
ノーローンには回数制限がないので、この方法を1年間繰り返し行えば、1年中無利息ということになります。
しかし、借金返済した日の当日に借入を行うことはできなく、完済日の翌日から利用することができるので、何回でも1週間無利息を利用できるのがこのノーローンの特徴なのです。

 

どうして無利息なのか?

理由はいくつかあると思います。
例えば、駅にある傘とか、通販のクーリングオフ(キャンセル)制度、街角のティッシュ、クレジットカードのキャッシュバック、ポイント制などと一緒だと思います。
サービスという言葉は見返りを求めていないことなので、そういったことを踏まえての社会貢献だと思います。
1週間という短い期間の利息なら会社に大きな影響を与えないので、社会貢献のために利息を貰わない会社が一つぐらいあっても良いのではないかという考えだと思います。

 

手数料は?

カードの発行手数料や年会費はなく、また契約書の印紙代や融資時の銀行振込手数料も融資している会社が負担しているので大丈夫です。

 

例えば、最初に10万円を借金返済しないで10日後に追加で7万借りた場合、この7万は無利息になるのか?

上記のような場合、追加で7万借金した翌日から利息が発生します。
ノーローンは、はじめての借入や完済後に適用されるので追加で借金すると翌日から利息が発生するので充分気をつけましょう。

 

忙しすぎて一週間以内に借金すべて返済できなく、10日目に返したときはどうなるの?

そういった場合は、利息は超過した3日分だけで済み、10万円借金していたときの利息が28.835%の場合、1日79円なので3日分だと237円になります。
30日後の場合は実質23日になるので、79円×23日で1,817円になります。
商品内容は、ご融資限度額が100万円で借金返済期間が最長で3年、担保や保証人など無しで、利息が実質年率22.50%〜28.835%になります。
借金返済回数が1回〜36回となっており、カード発行手数料は無く、返済方式は借入金額スライドリボルビング・一括返済で遅延損害金が実質年率29.20%となっています。
それに必要書類として健康保険証や運転免許証、パスポートなど必要で、50万円を超える金額を利用する場合は客の給与明細書などの所得証明書が必要となってくるそうです。

 

例えば、10万円を月曜日に借り、翌日にさらに5万円を追加したときはどうなるの?

ノーローンははじめての借入、又は完済後に適用されるので、上記のような場合は最初の10万円については1週間無利息になるのですが、追加の5万円については最初の10万円と同じ日までに返済といけなく、つまり翌週の月曜日までの6日間は無利息となるので火曜日からは利息が発生します。
ポイントとしては追加で借金した金額については無利息にならないので追加するときは一度完済してから翌日に全額を新たに借り直した方が賢明でしょう。

 

他社のローンを利用しているのですが、利用することはできますか?

利用することはできますが、一度ノーローンに直接問い合わせて見ると良いでしょう。

 

うまい話には落し穴があるといいますが?

1週間(7日)以内に借金を返済すれば利息はつかないのですが、いつの間にか一週間過ぎてしまった場合、年率28.835%の割合で超過日数分の利息が発生するのです。
借入してから10日後に返済したときは、3日分の利息が掛かり、10万円だと1日79円になるので3日分の利息で237円になります。
利息の日数は借入した翌日から数え、無利息の7日を引いた日数の日割り計算になります。
給料やボーナスなどの借金返済の目途を立てて、ちゃんと考えて利用するようにしてください。

注目サイト

最終更新日:2015/2/5

 

コンテンツ

 

借金返済

過払い金返還請求

強制執行

証券化ローン

ブラックリスト

債務不存在

小規模個人再生手続き

特定調停

法定金利

無担保ローン

大車輪