このサイトは借金返済に関するサイトでLINK FREEです。

借金返済タイトル
 

ブラックリスト(個人信用情報)

個人信用情報とは個人の借金やクレジットカードの利用・契約状況をデータベース化したものです。
個人の氏名や性別、生年月日、住所などの属性情報や契約情報、月々の借金返済などの取引情報、支払い(借金返済)能力に関する情報で、融資審査の判断材料として利用されます。
借金の債務整理(任意整理)を行ったり、法的清算手続の特定調停や自己破産、民事再生などを行えば、事故情報が金融機関に伝えられ、民間の信用情報機関に事故情報が登録されます。
いくつかの機関が設けられており、登録されると約7年間は抹消されないので新規に借金できなくなっております。
個人信用情報機関では銀行や消費者金融、信販会社などが加盟会員となっており、加盟会員における個人のローン、クレジット契約内容に関する情報をデータベース化しております。
加盟会員は申込者が他社での借金の返済状況や契約状況を見ることができ、借金返済不能な債務過多を防止するシステムになっているのです。
日本の個人信用情報機関には銀行系の全国銀行個人信用情報センター(全銀協)、信販系の(株)シー・アイ・シー(CIC)、消費者金融系の全国信用情報センター連合会(全情連)、業態横断的な(株)シーシービー(CCB)などが存在します。

 
 

サービサー

サービサーとはサービサー法に基づいて法務大臣の許可を得て、債権(借金返済)の回収や買い取りを行っている業者のことです。
サービサーの仕事には債権者から委託を受けて借金返済の回収を代行する業務と債権者から債権(借金返済)を買い取って回収する業務があります。
債権(借金返済)がサービサーに移ると債権譲渡通知が来ます。
サービサーには3つの種類があり、サービシングは元利返済金や賃貸料の集金、借金返済遅延金や借金返済未収金の回収などを行います。
次にマスター・サービサーがあり、ローンやクレジットの管理、借金の回収を扱いおります。
最後にスペシャル・サービサーがあり、借金返済回収難度の高い抵当流れの担保不動産や不良債権の調査から処理計画の作成までの実務全般を行います。

 
 

債務整理

債務整理とは債務者が借金返済可能な状態に金利減免や債務圧縮などを行うことをいいます。

 

債務整理の種類

任意整理と特定調停、個人再生、自己破産の4つあり、任意整理は裁判所を通さず、弁護士が債権者と直接交渉することをいい、特定調停は債務者が自分で簡易裁判所へ申し立てを行い、簡易裁判所の調停委員の元で債務整理(借金返済)の話し合いを行います。
個人再生は条件を満たしたときに債務(借金)を大幅に軽減してもらう法的な手続きのことで住宅など確保することができます。
自己破産は他の債務整理では解決できない場合に実施し、借金返済不能を宣言することをいいます。

おすすめWEBサイト 5選

楽天市場

Last update:2015/2/5

 

コンテンツ

 

借金返済

過払い金返還請求

強制執行

証券化ローン

ブラックリスト

債務不存在

小規模個人再生手続き

特定調停

法定金利

無担保ローン

大車輪